本日の特集は#カウントベイシー

本日はカウントベイシーを特集します。

ビッグバンドの巨人ですが、日本の人気はさほど高くなかった記憶があります。

理由の一つとして、日本人の誰もが知っている曲がなかったのが考えられます。

「ワンオクロックジャンプ」があるだろう?と言われるかも知れませんが、

エリントンの「A列車」やベニーグッドマンの「シングシングシング」、グレンミラー「ムーンライト」みたいな曲ではなかったのではないでしょうか。

またベイシーの写真はやたら「笑顔」が多く、これがモダンジャズファンにあまり受け入れられなかったと思います。

私は、1982年、1983年の2回講演に行っています。84年に亡くなっていますので10回ほどの来日公演の内の最晩年の講演になりますが、ステージを観てビッグバンドの豪快さより非常に緻密な構成でプレイするのに驚いた記憶があります。

PAはベイシーのMC用とボーカル用のみ。非常にシンプルなステージですが、独特の緊張感の中にもゆとりの表情を時々表す楽団員のプレイには見入ってしまいました。

ベイシー楽団のピークはベイシー本人も言っているように、50年代のヴァーブ、ルーレット時代(ニューベイシー)と言われています。

本日は、そのピーク時の演奏もおかけしますが、晩年のパブロ時代の隠れた?名作「WARM BREEZE (81)」を中心にお届けします。


写真は82年83年の来日プログラム、80年のパリ公演の映像です。来日プログラムの内容が色んなエピソード入りで面白いので、よろしければお読みいただきます。

ビーバンプ(music caffe beevamp)

音楽カフェ「ビーバンプ」です。 バンド&ファミリーコンサートプランを始めました。

0コメント

  • 1000 / 1000